もってぃーさんの手法を参考に

今年のトレード手法を紹介します。※2019年1月1日現在

昨年も最後の方に試してた方法ですね。
トレンドの発生タイミングを嗅ぎとってエントリーする方法です。

1.通貨ペアと時間足
 →通貨ペア:全通貨ペア
  時間足:5分足、1時間足、日足

2.インジケーター設定
 →使用するのは1つだけです。
  ------------------------------------
       指数平滑移動平均線(EMA)
       短期:48
       中期:64
       長期:80
       -----------------------------------
  B9E94DD9-8E33-48C8-A39B-9DEBBC2674BB

※インジケーター設定はもってぃーさんの下記のツイート画像を参考にしました。

3.エントリータイミングについて
 →3つの時間足で判断します。
  (1)日足
   EMAの3本がパーフェクトオーダーであることを確認。
  (2)1時間足
   EMAの3本がパーフェクトオーダーであることを確認。
  (3)5分足
   (1)と(2)と同じトレンドの方向に3つの線が1本に重なったことを確認。

4.利確と損切り
 →調整中です。
 (1)利確
  EMAの角度が水平になってきたら。
 (2)損切り
  直近の高値。

トレード事例(2018年12月31日)

大晦日にやるなよって感じですが、チャートがきれいだったので事例に。(笑)

通貨ペア:USD/JPY
エントリー:110.385(16時40分)
イグジット:109.980(22時35分)
獲得pips:40.5pips
ポジション保有時間:5時間55分

▼日足(下降トレンド)
7F1A4F2B-600D-454D-A124-7166C2942B4B
▼1時間足(下降トレンド)
B0454663-FFFC-4246-938F-314E0940DEC4
▼5分足
30C0CFAD-9C43-43BC-9D3D-3CE0A3773F9C
▼エントリー&利確タイミング
 ※左上の点がエントリータイミング
  右下の点がエントリータイミング

DB172DC4-0B2F-45C2-9292-AF2B7CEC81D1

引き続き検証が必要

昨年末から始めたこの手法ですが、まだ未確定の部分が多いです。

特に大事な損切個所について。
直近の高値としていますが、事例を多くしてプロフィットファクターを
計算する必要がありますね。。

あとこの手法はもってぃーさんのインジケーター設定を参考にさせてもらってます。
トレード方法はツイート画像見ても分からなかったので、自分で考えました。(笑)

あと、チャートを見るのにはGMOクリック証券のアプリを使ってます。
まあ単純にMT4とかより見やすいんですよね(笑)

とりあえず今年はこの手法で
「検証重ねていきます!」