乗車編

まずは、電車に乗り込むところからですね。

・(2列に並ぶ場所で)せっかく一番に並んでたのに
 ドアが開くと、もう片方の人が中の人が降りきる前に我先に乗車していき、
 特に一番で待っていた理由がなくなる。
 →車内の人が降りきってから乗車しましょうね。

・もう車内が満員なのに、けつで押し込んでくる人がいる。
 →そこまでして乗車したいですか?

・ダッシュで来たけど直前でドアが閉まってすまし顔をする人。
 →悔しい顔していいんだぞ。


車内の立ち位置編

・ドア付近のてすりに捕まってると高確率でなだれが起こりどっかに飛ばされる。
 (荷物は網棚に置いてるので荷物と別れ離れに、、、)
 →あとでまた会おうな。

・ドア付近のてすりに捕まってると高確率でなだれが起こり、
 自分の位置を保持しようとすると一番きつい体制になる。
 →腰折れそうになるよね。

・車両の真ん中は安全地帯。
 →とりあえずここまで辿り着くよね。


ムカつく編

・手すりに捕まってた人が思いっきり手すり離してそれが顔に当たった時。
 →数少ない殺意がわく瞬間ですね。

・どこにも捕まらず寄りかかって全体重をかけてくる人
 →自分の体をめっちゃ引いて足はそのままにしとくと、
  倒れそうになって勝手に戻るから試してみてね☆

・いびきがうるさい。
 →イヤホンしてるので実は全然気づかない。

・くさい。
 →その加齢臭誰も注意してくれないの?

・口がくさい。
 →その口臭誰も注意してくれないの?

・そもそも車内がくさい。
 →死ぬ。

・死んだような顔をしている。
 →朝から辛気臭い顔見せるのやめてくれる?生きてますかー?


優しくない世界

こんなもんに毎日乗ってたら心荒みますよね。
そりゃ死んだような顔にもなるか。

なんかこの負の空間が最近ほんと耐えられなくて、、、
まあ僕はもう30日もこの満員電車に乗りませんが。(笑)

みんないつまでこんなアホみたいな習慣続けるんだろうと高みの見物です。
っていってもニートになるわけですがww

というわけでこんなアホみたいな日常を綴った歌がこちらです。⤵


「満員電車は死んだ夢の棺桶だってさ!」