いかに裁量部分をなくすか。

裁量トレードでトレードするにあたって重要となってくるのが、

「いかに主観的な判断をなくすか」

という事だと思います。

トレードの理想は機械的にやる事だと思います。
それこそ自動売買みたいに。

でも、人間にはそれができない。
なぜなら欲があるからですね。

で、これからトレードルールを構築していくわけですが、
ルールを守っていくのはもちろん、ルール自体も明確でないといけません。

どうしたら利確、どうしたら損切り。
しっかり決めておかないといけません。

なぜならここを決めておかないと
「いずれ、退場するから。」
です。

そうだ!パラボリックを使おう!

ということで、僕は現在のルールを
3本のEMAがヘッジしたらエントリーにしてます。

でもヘッジしたらなんて主観中の主観です。
見るチャートによっても全然違います。

▼ヘッジしてるかしてないかビミョーな例。
65FB3D84-EA62-4E45-AD80-21CC1B38CC19

で、どうしたらいいかなって昨日考えたら、
「そうだ!パラボリックを使おう!」

ということで、パラボリックを入れてみました。
▼パラボリックなし
7ED4EF37-C22D-4AAB-84B4-1087379C114F
▼パラボリックあり。
59AA99A1-DD2B-44D4-89A4-15B1FC416558

ほら、ちょっとは見やすくなったでしょ!


パラボリックは順張りに最適。

そもそもパラボリック自体がトレンド相場における順張りに効果的なんですよね。

逆にレンジ相場じゃ役に立たないけど。

ちょっと設定いじっていろいろやってみます。

ちなみに今は基準値の2倍の設定です。